FEATURE

09.10 2015
QRATE_FEATURE_201509_vol2_top

toile de liberté FOOD LABO Vol.01 – 晩夏の無花果

Photography : Yuka Yanazume / Food & Styling : Ayako Ito, Yoko Kasahara / Text : Azu Sato

ぽってりとした形に深みのある紫のグラデーションがどことなく艶っぽさを感じさせる果実、無花果。
アダムとイヴが初めて食した禁断の果実は林檎ではなく無花果であったとも言われ、古代より神聖な果実として崇められてきました。
多くの実を付けることから豊かさと繁栄の象徴とされた無花果は、宝石のように輝くピンクの果肉とミステリアスな風味で現代も私たちの心を豊かにしてくれる魅惑の果実です。
ドライフィグは一年中食べられるけど、フレッシュな果実が食べられるのは夏の終わりの今だけ。

程よい甘みと柔らかな食感が特徴の無花果はそのまま食べても美味しいですが、ちょっと一手間加えて新たな一面を引き出してみませんか?
今が旬の無花果を使った「大人な味の遊び方」を、祐天寺裏の隠れ家カフェ『toile de liberté(トワル ド リベルテ)』で教えてもらいました。


無花果がもたらすカラダにいいこと

QRATE_FEATURE_201509_vol2_1
QRATE_FEATURE_201509_vol2_2

無花果は美味しく美しいだけではなく体にも優しい万能果実。
夏バテで弱った胃腸や季節の変わり目で不安定な肌にも嬉しい効能がたくさんあります。

〈消化促進〉

「フィシン」という無花果特有の酵素には消化促進の作用があり、腸内環境の改善や二日酔い防止に効果的。
さらに無花果には消化を助けて胃腸の働きを活性化させる水溶性食物繊維のペクチンが含まれており、女性を悩ませる便秘にも効果があります。
油っこいものや肉料理、デザートの糖分や脂質の分解を助ける酵素が消化吸収を促すのでつい食べ過ぎてしまうこれからの季節に取り入れたい食材です。

〈美肌効果〉

無花果はビタミンやカルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルをバランスよく含んでいるので、美肌や貧血予防の効果も。
さらにポリフェノールが細胞の酸化を防ぐためアンチエイジング効果もあり、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分を豊富に含むことから女性らしさを保ち美しくあるためのサポートをしてくれる美の果実と言われています。


イチジクを“食す”

“ちぎる” “焼く” “のせる” ことで、「簡単・美味しい・体に良い」の3拍子が揃った、今が旬の無花果料理3品をご紹介します。

“Tear”
「無花果とオリーブオイルのサラダ ミント添え」

QRATE_FEATURE_201509_vol2_recipe11
QRATE_FEATURE_201509_vol2_recipe12

包丁で丁寧に切った断面も美しいですが、“ちぎる”ことで生まれる無作為な形には未完成の美を感じます。
食べ頃の熟れた無花果は手でちぎれるほどの柔らかさ。ヘタを切った無花果を皮ごと手でちぎり、オリーブオイル、ひとつまみの塩、ミントと合わせた一皿は食卓に出てきた瞬間にその場が華やぐほど彩り鮮やか。無花果にたっぷり含まれる食物繊維とオリーブオイルが合わさることで消化促進、デトックス効果が期待できます。まろやかな口当たりがクセになりそうな一品はおもてなしの前菜としておすすめ。サーモンや生ハムを加えたアレンジも絶品です。

  • 〈材料〉2人前
  • 無花果 2個
  • オリーブオイル 適量
  • ミント 適量
  • 塩 ひとつまみ
  • 〈レシピ〉
  • 1.洗ってヘタを取った無花果を皮付きのまま4等分にちぎる
  • 2.オリーブオイルをひと回し、塩をひとつまみ振りかけ、仕上げにちぎったミントをのせて完成。

“Sauté”
「無花果のソテー ブルーチーズ添え」

QRATE_FEATURE_201509_vol2_recipe21
QRATE_FEATURE_201509_vol2_recipe22

果物はデザート?いいえ、食材としての活用はデザートには限りません。無花果は完熟してから1〜2日しかもたない為、余ってしまったものはコンフィチュールにするのが定番です。でも無花果の違った一面を知りたいなら“焼く”のがオススメ。フライパンで3分炒めるだけで、あっという間に飴色に輝くソテーの完成。仕上げにブルーチーズを乗せることで凝縮されたイチジクの甘さがより引き立ちます。バターの香りがふわっと香り、甘さと塩っ気の組み合わせはワインのお供に最適。無花果には二日酔い防止効果もあるのでついつい晩酌も進むことでしょう。チーズが苦手な方は季節の野菜と合わせてソテーするアレンジもオススメ。エリンギとトレビスを合わせた今の季節にぴったりのソテーは、すっきりした苦味と濃厚な甘味がクセになりそうな一皿です。

  • 〈材料〉2人前
  • 無花果 3個
  • 有塩バター 15g
  • 砂糖 大さじ1
  • ブルーチーズ お好み
  • 〈レシピ〉
  • 1.洗ってヘタを取った無花果を、皮ごと食べやすい大きさにカットする。
  • 2.有塩バター15gをフライパンで溶かし、カットした無花果を加え中火〜強火で2分炒める。
  • 3.2分経過し香りが変化してきたところで砂糖大さじ1を加え、さらに1分炒める。
  • 4.器に盛り付けお好みの量のブルーチーズを加えて完成。
  • ※火が弱すぎると煮詰まってコンフィチュールになってしまうので注意しましょう。

“On”
「無花果とミモレットのタルティーヌ」

QRATE_FEATURE_201509_vol2_recipe31
QRATE_FEATURE_201509_vol2_recipe32

お好みのパンに季節の食材を合わせて“のせる”だけで、素材を活かしたタルティーヌの完成。今回は無花果のフレッシュさが引き立つようにドライフルーツ入りのカンパーニュを使用しましたが、ナッツ入りでも相性抜群です。口にした瞬間、ドライフルーツの深い香りと生無花果のフレッシュな甘みのコントラストが驚くほど味に奥行きを出していることに気がつきます。トレビスの苦さと無花果の甘み、ミモレットのクセが織りなす絶妙なバランスは思わず声を上げてしまうほど。ピンク、紫、オレンジ、白と目にも鮮やかなタルティーヌは具材を切って乗せるだけのお手軽な一品。これからの季節、ピクニックに持っていけば一気に注目を集めること間違いなしの鉄板レシピです。輪切りにすることで今までの2品とは見た目も食感も異なってくるのでぜひ食べ比べて変化を感じてみてください。

  • 〈材料〉2人前
  • ドライフルーツ入りのカンパーニュ 2切れ
  • 無花果 1個
  • ミモレット お好み
  • クリームチーズ お好み
  • トレビス 2枚
  • バター 適量
  • オリーブオイル 適量
  • コショウ 少々
  • 〈レシピ〉
  • 1.トーストしたカンパーニュの表面にバターを塗る。
  • 2.ちぎったトレビス、クリームチーズ、ミモレット、無花果の順でのせていく。
  • 3.オリーブオイルとコショウをかけて完成。

ほんの一手間加えるだけで、見た目でも味わいでも多様な面を見せてくれる無花果。いろいろな食べ方を試すのが楽しみになってしまうレシピはいかがでしたか?ぜひ自分流のアレンジを見つけて無花果の魅力を再発見してみてください。晩夏の無花果を取り入れて、体の中から季節の変化を楽しみましょう。

toile de liberté(トワル ド リベルテ)

QRATE編集長でありインテリアデザイナーとしても活躍する笠原英治氏がオーナーを務める祐天寺裏のカフェ&ショップ。1階のカフェではオーダーを受けてからじっくり焼き上げるふわふわ食感のパンケーキプレート(¥1,360)が一番人気。エッグベネディクトやサラダボウル、カレーなどメニューも豊富。2階はインテリアショールーム兼ショップ。モロッコ、フランス、アメリカなど世界中から買い付けられた乙女心をくすぐる可愛いアンティーク家具や雑貨が並んでいる。

Adress:東京都目黒区中町2-1-1
Tel:03-5708-5931
営業時間:火曜日〜土曜日10:00〜18:00 (L.O17:30)
定休:日曜、月曜(不定休あり)
『toile de liberté』のより詳しい店舗情報はSHOPBOOKでご覧頂けます
『toile de liberté』のより詳しい店舗情報はSHOPBOOKでご覧頂けます
Instagram:https://instagram.com/toiledeliberte/
HP:http://toiledeliberte.com/

|